新着情報

  • 2017/02/03
  • 新着情報

【開発ストーリー】3.マジカルカバーの仕様

マジカルカバーの開発についての話、第3弾です。

 

素材を選定した後、商品としての仕様を決めていきました。

試作のうちの1つがこちら。

ベタ印刷で面ファスナー(マジックテープ)の仕様です。

マジカルカバー試作品 ベタ

残念ながらどちらの仕様も採用になりませんでしたが、こういった細かい試作を沢山行っております。

また面ファスナー(マジックテープ)以外にもファスナーなど固定の仕方を色々と検討しましたが、モニターや実際の急な雨への対応としては洗濯ばさみが適していた為、一番最初に発売しました「マジカルカバー(ブルー)」は何も付けないすっぴんのシートにしました。

その後、「マジカルカバー(ブルー)」をご使用頂いたお客様からのご要望が多かった為、ホック付の花玉柄(グレー)を発売致しました。

また、洗濯物側は常に内側で使用したいので、表裏を明確にするために片面印刷にしました。

 

併せて特許、商標出願、デザイン、生産体制などなど進めていきました。

マジカルカバーのパッケージやチラシをデザイナーさんにお願いする前に作った自前のデザイン案がこちらです。

デザイン案

この白のカバーも試作品のうちの1つです。

洗濯物干しカバー「マジカルカバー」を端的に表現できているのでは?と思います。